鶏を絞める@バンコク

東京の普通の環境で育った。たぶんかなり食に恵まれて生きてきている。贅沢をし、好き嫌いをし、時に食べ散らかし食べ残し、美味しい食べ物に囲まれてきた。

洋菓子の専門学校に行き、食品メーカーの研究所で働いたあたりから、食べ物を捨てることにあまり躊躇がなくなってしまった。もちろん心が痛まないわけではないが、私が担当していた業務用の研究ではとても食べきれない量を作ることが必須だったわけで、捨てることに慣れてしまった。友達のお父さんの畑を手伝わせてもらったときにも、傷んだ野菜はどんどん捨ててしまえという農家ルールにあっという間に馴染んでしまった。こんなにも簡単にも慣れてしまう自分の適応力に愕然とする。

タイ料理のカフェを閉じてから、なんとなくイベントをすることになり、食をテーマにしたイベントをしたくて、トムヤムクン、ソムタムについて、歴史やレシピ、人のもっているイメージなど様々なことを調べているのだけれど、次にガイヤ―ン(タイの焼き鳥)を調べたいなぁと考えた。そうなるとどうしても、鶏自体を考えることは避けられないと思いだした。鶏を絞めること、やってみたいなと。インターネットで調べると色々なサイトが見つかる。絞め方や体験談などどれも鶏=命を重々しく扱っているページばかり。そうか、そういうことなんだろうなと思った。

日本で鶏を絞めるのは、場所や生きた鶏を手に入れること、絞め方を知っている人の手配など、用意が大変そうだから、バンコクの友達に相談し、市場で交渉するよと言ってくれたので、旅行中にチャレンジすることにした。

 

f:id:duangdaao:20171120022541j:image

 

場所は、バンコクの日本人街からもタクシーで10分ほどのところにあるクロントゥーイ市場。ここは24時間営業していて、レストランをやっている人たちも買い出しによく来るとても大きな市場だ。いつも買い物客で賑わっている。バンコクに住んでいた頃、夜遊びをした帰り道にタクシーの中から生きた鶏を運び出している姿を見かけたりもした。

 

f:id:duangdaao:20171119235251j:image

 

写真を撮ってもらおうと、タイ人の友達カップル以外に3人の日本人に声をかけ、計6人と大所帯で向かった。鶏を絞めた後は、友達のスタジオのテラスでバーベキューパーティをそのまましようと、貝や野菜やタイソーセージなんかを買いつつ、鶏の場所に向かう。

 

f:id:duangdaao:20171119235327j:imagef:id:duangdaao:20171119235336j:image

 

途中、建物の外、屋根もないところにテーブルを出し肉の処理作業をしているお姉さんたちに写真を撮らせてもらったりもした。

 

f:id:duangdaao:20171119235437j:image

 

生きた鶏がいる場所は、市場の一番端。その一角に近づくと、にぎやかな人通りも少しずつ減り、その分鶏の鳴き声が聞こえてくる。鶏たちは元気にかごの中に入れられている。

 

f:id:duangdaao:20171119235501j:image

 

これからわたしがこの中のどれかを絞めるのだと考えている間、友人が話をつけてくれ(ものの10秒)、kgあたり70バーツと手数料40バーツでいいよと言われた。きっと慣れているんだろう。

鶏の鳴き声を聞いてしまい、びびったわたしは、外のかごに入れられている大きな鶏ではなく、一番小さな鶏にしてくれとお願いした。2キロ、合計180バーツ約800円弱で鶏を絞めるという体験を買うことになった。安い。

絞めるところを撮影してもらおうと、カメラ担当を3人も呼んだのに、タイループメダイ(写真ダメ)と言われ、みんなすごすご引き下がる。えっちょっと、なんのために呼んだのか!

店の奥に入ると、鶏の頭と足を2人の男の人が持っていて、ナイフを渡され、首を切れとジェスチャーで言われる。その先には3人の男がわたしを見ていた。

 

f:id:duangdaao:20171119235646j:image

 

白いワンピースを着てきたわたしは、血が平気なのかとか聞いたけれど、みんな無視。一回首にナイフを添えたけれど、躊躇してしまい離したら、思いっきりため息をついて多分悪態をつかれ、足を持っていた男が次の人に変わった。あぁこの人たちは仕事で毎日鶏を絞めていて、怖いなどというリアクションは失礼なんだと気づき、その次はえぃと首にナイフを入れた。

 

f:id:duangdaao:20171120000005j:image

 

ポタポタと申し訳程度に血が数適床に落ちるのを見ていたら、あっという間に鶏は空の鍋の中に運ばれた。何をしているのかわからなかったが、少し経った後にもう一度首の血管を切って逆さにしているところを見て、血を抜いているのだとわかった。そしてわたしのナイフでは致命傷にならなかったんだな、苦しませて申し訳ないなと思った。

そして湯だった大鍋に入れられる。ネットで見た毛穴を開かせて羽をむしりやすくするという工程だとすぐに理解した。その頃には少し冷静になって(ずっと冷静ではいたけれど)周りを見回すと友人がだれもいない。店の外にいたので、一度でて、少し感想を言ったり、カメラを渡されたりした。

すぐに戻ると、今度は鶏が大きな丸い銀色の機械に入れられていた。大きな洗濯機みたいなもので、毛穴を開かせた鶏を入れると遠心分離で羽がむしられるというわけだ。

 

f:id:duangdaao:20171120000254j:image

 

1分程で丸裸にされた鶏は、内臓を抜かれ、あっという間にオーダー通りの4等分になってビニール袋に入れられて、わたしの手元に。

わたしが躊躇する時間を除けば、5分もかからない見事なスピード技だった。

一人の友達は遠くからこっそり写真撮影をしてくれるためにちょくちょく店の奥に来ていたが、他のみんなはほとんど外にいて、その理由を聞いたら匂いがすごくてとのことだった。集中していたからか、わたしは一切匂いに気づかなかった。躊躇はしたものの、インターネットで見たような命なんだとかそういう感動や重さは特になかったし、友達たちにもなさそうだった。こういうもんなんだとすんなり受け入れられてしまった。次に絞める機会があったら、苦しませないであげたいから躊躇なくもっと上手にナイフを入れてあげたいとは思う。

 

f:id:duangdaao:20171120000446j:imagef:id:duangdaao:20171120000501j:image

 

友達のスタジオに持って帰り、炭を起こし、下味をつけてバーベキューにする。顔もついたままじっくりと焼く。生の時には閉じていた目は、焼いている途中で少し開き、水晶のような瞳でじっとこちらを見つめ、そして焼ける頃には白く濁り何も見えていないただの皮膚のようになっていた。ゆっくりと目が開いた時は、まだ意思を持っているように感じられ少し緊張した。

焼きあがった肉はぷりぷりで美味しく(タイの鶏肉は放し飼いで育てられるらしくもともと美味しい)、みんなで分け合って食べた。とても楽しいパーティーだった。最後ホームパーティーが終わった後には、首のところと数か所が残っていた。